人間と私

自律神経失調症、HSP。自分らしい生き方について。

病院へ

前回の記事でご飯が食べる事ができなくなったと書きました。
hanamayuko.hatenablog.com
(まだ読んでいない方は是非^^)


当時私はダイエットしたいという気持ちもあり、「食欲ないからダイエットになるじゃん」という気持ちでいました。

ダイエット方法は簡単。
できる限り食べないようにする

はい、馬鹿です。『食べ物を食べない=痩せる』
それしか考えていませんでした。
基本お腹空かないし、これはラッキー!

でも急に食べなくなり胃液が出てる感じがするけどまだ我慢できるし、まぁいいか。という考え。


結果は3日で1キロ減!
f:id:hanamayuko:20210415193106j:plain

よしよし・・・もっと頑張ろう。
1日食パン1枚。そして腹筋100回追加しよう。

ちなみにその時の体調は悲惨でした。
胃液が出過ぎてたのか空腹時の吐き気。でも少し食べても吐き気。水が苦い。

それでも「痩せたい」という一心で取り憑かれたように、ハードなダイエットを行いました。
20歳の夏。ダイエットして水着を綺麗に着たい・・・!


結果1ヶ月で10キロ減!!
f:id:hanamayuko:20210415193106j:plain



嬉しい反面、完全に胃がやられ、顔は青白い。ふらつき。
そして食べ物を見ただけで吐く。
コンビニに行くだけで気分が悪い。

見るに見かねた母親の一言。
「あんた病気だよ。拒食症。」


やっと自分の危険さに気づきました。
しかし、いざ食べようとするも食べれない。胃が受け付けてくれません。
無理に食べようとしてもだめでした。


とりあえずかかりつけの内科病院に行きました。
血液検査など行ってもらい
栄養失調です。また貧血と、ひどい低血圧です。吐き気は逆流性食道炎の為です。薬を出します。まずは栄養あるものを徐々に食べてください。消化悪いものは食べないでね」


はい・・・


この時の私は薬を飲めばすぐに治るだろう。そう思っていました。

しかし、ここから私の胃の不快感、食欲不振、ふらつきなど自律神経失調症との戦い・・・

実際にどのような薬を処方されたのか、その後どのような生活を送っていたのか
次回お話します。